春の七草

お正月は、純和風に過ごすのがうれしくなる時です。

お正月のごちそうで胃が疲れる頃に食べる「七草がゆ」。
「春の七草」をいただくのは江戸時代から続く習慣です。

1月7日の朝に食し新年の無病息災を願います。

「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」

7つ言えると自慢。