日扇の実

日扇の実です。

緑色の実の状態で仕入てきましたが、このところの気候の良さからでしょうか、
青い実が弾けて、黒い種子が顔を出しました。お得感。。。両方楽しめる。。。

黒い実は、射干玉(ぬばたま)などと呼ばれ和歌では「夜」「黒」にかかる枕詞として知られているそうです。
和歌について詳しくなくて、こんな表現になりました。

ヒオウギは、「檜扇」と表すことの方が多いように思います。

生け花の代表的な7月初旬の花としてよく使われるとのこと。
大田市場でも時々見ることがありました。
葉に特徴があり、その形が宮廷人が持つ檜扇に似ているので檜扇とよばれるそうです。優雅に見えますし、炎のようにも見えます。

ヒオウギの花は生け花として床の間を飾ったり、実や種子は和歌や和菓子に登場することから、古くから日本人に愛されてきた花なんですね。