■スズランの日

_MG_4415.jpg

5月1日はスズランの日


フランス国内ではこの日、
お花屋さんだけでなく誰でもスズランを販売していい日とされています。

街角のあらゆるところで、
子供から大人まで混ざってスズランの小さな花束を売る姿が見られるそうです。

「この日にスズラン(Muguet:ミュゲ)の花を贈られた人には幸せが訪れる」
と言われ、
家族、友人、恋人に、
春の訪れと幸運を祝いスズランを飾ったり、贈り合ったりします。
日本人にとっての桜のような存在。

香料にも使われるぐらい香り豊かなスズランですが、
一つご注意を。

◆スズランを活けた水には毒性がありますので誤まって飲まないようにしてください。